看護師の強い味方『白衣コン』まだ利用してないの?

彼氏ができない看護師は必見!忙しくても彼氏ができる方法とは?

彼氏ができない看護師は必見!忙しくても彼氏ができる方法とは?

看護師は白衣の天使と言われ男性からの憧れがとても強い職業でありながら、彼氏がいないという声が多く聞かれます。

今回は、彼氏ができない看護師のために、

看護師に彼氏ができにくい理由と、看護師が彼氏を作るために出会いを増やす方法についてご紹介します。

彼氏ができない・出会いがないと嘆いている看護師の方はぜひ参考にしてみてください。

※出会いが少ない看護師さんにはマッチングアプリがおすすめ。

また、数あるマッチングアプリの中でもホワイトパートナーズは看護師しか登録できないのと同時に、看護師に理解力がある男性しか登録できないので理想の相手を見つけやすいです😊✨

女性の場合はほとんどの機能が無料で使えるので、とりあえず出会いの機会を増やしたい人には最適です。

ホワイトパートナーズの口コミ・評判を詳しく知る ⇒

看護師に彼氏ができない理由(原因)は?

看護師の仕事が忙しい

看護師は働くことに専念するため、どうしても彼氏ができない職場環境になります。

不規則な勤務に疲れ果て休みの日はただ寝ているだけというのが多く、仕事のせいにはしたくありませんが、これはどうしても仕方がないことです。

看護師の職場がほとんど女性

職場のほとんどが女性なので職場恋愛というのもありません。

唯一、医者は男性が多いですが、実際のところほとんど恋愛に成就することはありません。

実は、医者が彼氏の看護師さんはわずか2%程度という統計結果があります。

出会いがない職場で医者は憧れの的ですが、やはり若くてイケメンで優しい医者など優良な物件はほぼ売約済みだと思って良いでしょう。

看護師は「独り身」に対する危機感が低くなりがち

看護師の周りには独身が多く、パートナーがいないことに対して危機感が低くなりがちです。

総務省と日本看護協会のデータによると、30~34歳の女性全体の未婚率が32.0%に対し、看護師の未婚率は48.6%とかなり高くなっています。

出典元:総務省「2005年国勢調査報告」(一般女性)、日本看護協会「2005年看護職員実態調査」(看護職)

周りに独身の女性が多ければ、休日に一緒に遊んだり、話しの合う人がいたりするので「彼氏がいなくても楽しいしまあいいか」となってしまいます。

もし自分以外が全員既婚者の場合、都合のつく友人が減ったり話しが合わなくなって寂しくなり、本気で恋人を探すのではないでしょうか?

このように職場に独身が多いため、孤独を感じにくく、危機感が低くなることも彼氏ができない原因の一つです。

看護師は精神的に強い

看護師という職業に就くと、働いているうちにだんだんと精神的に強くなっていきます。理由は、以下の3つです。

① 厳しい女性社会

看護師に限らず女性社会の職場は、どうしても女性が強くなり、性格のキツイ人が多くなります。特に新人時代は、先輩やお局さんに強く叱られる機会が誰でもあるでしょう。

いつまでもメソメソしていては務まらないので、次第に切り替えが出来るようになるのです。

② 医師や患者、患者家族からの理不尽な対応

医師から雑に扱われたり、患者や患者家族から無茶なクレームを言われたりして精神的に疲れてしまうことがあります。最初は全ての要望を聞いていたとしても、経験を重ねると次第に自分の意見も伝えられるようになります。

③ 命を預かっているという精神的なプレッシャー

看護師であるあなたご自身のちょっとしたミスで命にかかわる危険があるため、常に緊張感をもって仕事をしなければいけません。

責任の重い仕事を毎日こなすのは、自分の仕事に自信をもってしっかりと取り組む必要があります。

主にこれら3つの理由から、看護師は「優しい」だけでは務まらない、人間関係・業務ともに非常に大変な職業であり、そのためにだんだんと精神的に強くなるのです。

結果として“男性に頼らずとも生きていけるたくましさ”が身に付くのですが(それはそれで社会を生き抜く上で大事なことですが)、それが彼氏のできにくい理由のひとつといえます。

看護師の年収が高い

令和2年度の厚生労働省の調査によると、看護師の総平均年収は492万円で、女性全体の393万円に比べると100万円近く高くなっています。

また、男性全体の平均年収は516万円で、看護師とさほど変わらないことがわかります。

看護師 女性(全職種) 男性(全職種)
492万円 393万円 516万円

(※平均年収は社会保険料や所得税を控除前の金額)

出典元:令和2年度 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

男性全体の平均年収は516万円ですが、あくまで「平均」であるため、看護師より収入の低い人も多いです。

女性は自分より収入の高い男性を求める傾向にあるため、恋愛対象となる男性が必然的に少なくなってしまうのです。

また、看護師は自分の収入が高いので、いざとなれば一人で生きていくことも可能です。

そのため、そこまで恋愛や結婚に焦る必要がありません。

「好きでもない相手と一緒になるくらいなら、ひとりで趣味と仕事を楽しもう!」と考える人も多いでしょう。

ご自身の収入が高いため「恋愛対象となる男性が絞られる」「一人でも生きていける」ことが彼氏のできにくい理由のひとつです。

看護師という仕事が楽しい

仕事に夢中になりすぎて、プライベートの時間が疎かになってるかもしれません。仕事に没頭しがちという真面目なあなたは、プライベートと仕事のバランスを意識することからはじめてみましょう。

友達と外で遊んだり、思い切って婚活パーティに参加してみるのはどうでしょう?

看護師はシフト制のため時間が合わない

素敵な男性と出会えたとしても、仕事の都合でうまく相手と会う時間を合わせれなくて結局そのまま疎遠になってしまうことも少なくありません。

どうしてもナースは不規則な仕事になってしまうので、同じようにシフト制で時間が不規則な職場の相手との方が上手く合うかもしれません。

このように、非常に忙しい看護師の方は自分の空いた時間に異性と出会えるマッチングアプリを使ってみてはいかがですか?ホワイトパートナーズは直接会う時間を作らなくても男性と交流することができます。

ホワイトパートナーズで男性と出会う ⇒

忙しい看護師でも彼氏ができる6つの具体的な方法

これまでで、看護師に彼氏ができにくい理由を解説してきましたが、そんな忙しい看護師さんでも現実的に彼氏を作る方法は以下の6つになります。

・職場で探す

・男友達を恋愛対象としてみる

・周りに紹介してもらう

・婚活パーティーに参加する

・マッチングアプリを使う

・恋活サイトを使う

それぞれ詳しく解説していきます。

職場で探す

女性が多い職場で出会いが少ないとはいえ、男性が全くいないわけではありません。

例えば、病院内にいる医師、男性の看護師、介護士、薬剤師、作業療法士、理学療法士、MRなどが考えられます。

どんなところで出会いがあるかわからないので、その機会をフル活用していきましょう。寝起きのまますっぴんにマスクでチャンスを逃すのはもったいないです。

毎日ヘアメイクはきちんとして、笑顔で挨拶、元気に仕事することで、良い出会いに恵まれる可能性が高まるでしょう。例えば、キラキラと仕事をしているあなたを見て、向こうから声をかけてきてくれるかもしれません。

このように忙しくて出会いを探す時間のない人は、職場で出会う努力をしてみましょう。

男友達を恋愛対象としてみる

男友達を恋愛対象として見てみるのもひとつの方法です。

付き合いが長くなると気付きにくいですが、身近に素敵な人がいる場合もあります。

男友達なら看護師であるあなたの仕事をよく知っているでしょうし、ハードワークで休みが不規則な点なども理解してくれる可能性が高いです。

いつも「トモダチ」としてしか見ていなかった男友達と、少しおしゃれをして出かけてみるのも良いでしょう。男らしい素敵な一面に気付くかもしれません。

ふたりきりで一日一緒にいても疲れず、居心地が良いのであれば結婚も見据えられる彼氏候補として有力と言えるでしょう。

周りに紹介してもらう

周囲に紹介を頼むのもひとつの方法です。

職場や友達、知り合い、行きつけのお店で彼氏がいない・募集中であることを公言しておきましょう。この時相手に求めることを伝えすぎないようにしましょう。「紹介してくれるだけでありがたい」という気持ちでお願いするのがポイントです。

紹介する側も手間がかかるので、“この人なら紹介してあげたい・応援したい“と思ってもらえることで、いい人を紹介してもらえる機会が増えるからです。

婚活パーティーに参加する

婚活パーティーに参加するのも出会いを見つけるチャンスです。

自治体や民間の企業、結婚相談所が開催しているものなどたくさんあります。
都会の方であれば、土日にかかわらず平日にも開催されているのでシフト勤務の看護師も参加しやすいでしょう。

イベントの内容もバリエーションが豊富で、「女性20代限定」「男性は公務員・大企業限定」「クリスマスまでに恋人がほしい人」など色々あるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

一度に複数の人と出会えるため、合コンより効率がいいといえます。

マッチングアプリを使う

忙しくて時間のない人にはスキマ時間に出会いを探せる、マッチングアプリがおすすめです。

リクルートブライダル総研が実施している「婚活実態調査」によると、2019年に婚活サービスを利用して結婚に至った人が13.0%とあります。

婚活サービスのなかでも、マッチングアプリや婚活サイトなどのネット系婚活サービスが6.3%、結婚相談所が3.5%、婚活パーティーが3.2%と、ネット系婚活サービスが最も結婚につながってます。

出典元:「婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)」

マッチングアプリの利用者数は年々増加傾向にあり、未来の結婚相手と出会うきっかけとして一般的な方法になってきています。

田舎で出会いが少ない人には、婚活パーティーは人が集まりにくいのでマッチングアプリの方がおすすめです。

以下に恋活におすすめのマッチングアプリを3つ紹介します。

・タップル 
年齢:20~30代前半向け
会員数:累計600万人
料金:女性無料、男性は月額3,700円(税込)~
特徴:恋活・婚活

趣味やフィーリングの合う人と出会いたい方におすすめです。

プロフィール登録時に、自分の趣味や興味のあることを登録します。すると、相手に表示されるプロフィールに“趣味タグ”が表示され、同じ趣味の人と出会いやすくなります。

また、相手のプロフィールがランダムに出てくる機能があり、スワイプで「いいかも!」や「イマイチ」をゲーム感覚で直感的に選んでマッチング出来るようになっています。

いいかも!できる数が他のアプリに比べて多いので、男女ともにマッチングしやいのがポイントです。

・ペアーズ(Pairs)
年齢:20代~30代向け
会員数:累計1000万人
料金:女性無料、男性は月額3,590円(税込)~
特徴:恋活・婚活

初心者にも使いやすく、1000万人と会員数が多く人気があるのが特徴です。
会員数が多くなるとそれだけマッチングできる可能性が上がります。
プロフィール検索ができ、居住地、年収、職種だけでなく、お酒、たばこ、デート費用の支払い、恋愛観などかなり細かく設定して検索できます。タップルより恋人探しの本気度が高いユーザーが多いです。
コミュニティ機能もあり、例えば「鬼滅の刃が好き」「学生時代は運動部」「真剣に出会いを探してます」など、趣味・経歴・価値観など自分と似た人を見つけやすいです。
登録者数が多く、検索機能も充実しているので初心者でも使いやすいアプリとなっています。

・Omiai
年齢:20代~30代向け
会員数:累計500万人
料金:女性無料、男性は月額プランにより3,980円~
特徴:恋活・婚活
女性はアラサーの結婚適齢期の登録者が多く、ユーザーの結婚に対する意識が高いのが特徴です。Omiaiという名前からも「お見合い」を連想させられますよね。
Omiaiは利用規約に違反する行為、例えば、既婚者の登録や誹謗中傷、ビジネスへの勧誘などの通報があると、警告や退会の対応をしてくれます。

看護師で彼氏できないなら恋活サイトがおすすめ

最後のおすすめは、先ほどでも紹介した恋活サイト「ホワイトパートナーズ」です。

恋活サイトなら自分の空いた時間で利用できるから、忙しくても彼氏ができる確率が上昇。

女性が看護師・看護学生のみ登録可能な業界唯一の恋活・婚活マッチングサービスです。男女共に月会費やアプローチは無料。男女比率は4:6で、男性は看護師に理解のあるハイステイタス(高収入)な男性限定となっています。

自分で異性を検索しアプローチ→やり取り→カップル成立、という流れなので、結婚相談所とは違いかなりフラットに利用できるので自分のペースで異性を求めたい人はピッタリなサービス。

>>【無料】1分で完了!ホワイトパートナーズで素敵な相手を見つける

自分に合うサービスを探して理想のパートナーを見つけていきましょう。

どの出会いが縁になるか分からないので、少しでも可能性があるなら根絶やしにしてはいけません。結婚はタイミングと言いますが、出会いもタイミングだと思います。

まとめ

以上の通り、忙しい看護師の方が彼氏をつくるには、「職場で探す」「男友達を恋愛対象にする」「紹介してもらう」「婚活パーティーに参加する」「マッチングアプリを利用する」「婚活サイト」などの方法があります。

まだ試したことのない方法があれば、新しい発見や意外な出会いが見つかるかもしれません。出来ることからすぐ行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA